君がいるから大丈夫

中村文則さんの本が好きなジャニオタです

お誕生日と主演舞台

 

戸塚くんのお誕生日に書いたブログを発掘しました。供養がてら載せておきます(自己満)

 

ーーーーーーーー

 

 

戸塚祥太くん、31歳のお誕生日おめでとうございます!30歳の戸塚くんは楽しく三十路初年を迎えたでしょうか、迎えているといいなあ。それから31歳の戸塚くんがどうかより楽しい1年を過ごせますように……

 

なーんて自担の誕生日をひっそりお祝いしていた11月13日の深夜。戸塚くんをお祝いするTwitterのタイムラインにほっこりしながら「いいね」を押し、心地よい睡眠に入り……

 

 

起きたら舞台が決まっていました。

 

めでたい!!!!!もはや誕生日がめでたいのか舞台がめでたいのかという歓喜と混乱のTwitterと私。しかも懐かしの「恋するヴァンパイア」起き抜けに大混乱。

 

桐谷美玲ちゃん*1になりたい」と布団の中で散々しんどくなった高校時代が思い出されます。もっっさい哲くんをイケメンに変身させたい(ただしセンスはない)し、「世界一優しいヴァンパイアになるよ」って言われたい(まずキイラではない)。。

 

哲くん…………

 

そうかそうか、あれが舞台に、そうか……とひとしきりしんどさを堪能してから(?)、詳細をクリックしました。

 

 

 

 

f:id:ytstkn:20171113234042j:image

 えっ。

 

えっ。哲くん。哲くん????

哲くんがもうヴァンパイア。すでにヴァンパイア。優しくなさそうなヴァンパイア。(言い方)

 

ヴァンパイア一族に生まれた主人公・哲(戸塚祥太)は、地図には載っていないヴァンパイア・アイランドにあるハイスクールに通う高校生。そこでは、世界中のヴァンパイアが集まり学んでいる。

ある日、成績の悪い哲は、理事長室に呼ばれるが、そこで目にした肖像画の美しい女性に心惹かれる。卒業試験として、肖像画そっくりの女性を探し出した者が、学校のトップとなると発表される。

人間界に降り立った生徒達。そこで哲が、ばったりと出会った少女・キイラ(樋口日奈)は、肖像画の女性にそっくりだった。キイラは、かつて理事長が愛しながらも、人間の男性に奪われた肖像画の女性の孫。しかし、一家はヴァンパイアを目の敵にしていた。凛とした容姿に美しい歌声で歌手を目指すキイラに、哲は心を奪われるが、そこには葛藤が。

20歳になる前に血を吸い愛の誓いをたてれば、永遠に自分のものにできるともくろむ理事長。哲はキイラを守り切れるのか……? ヴァンパイアを嫌うキイラと哲の許されない恋の行方は、いかに……?

 

なんかすごいことになってる。

 

いや、元からすごい映画だったけど!!トンチキ度数が爆上がりしてる!!(言った)

しかもまた提供は「話のわかる富豪」ことavex。挙げ句の果てには(?)監督も関わってるときた。もはや笑うしかない、というか一周回って笑えてきた。戸塚くんって持ってる男だな〜!と思えてきますよね。

 

色々とTwitterが荒れていましたが、それはどんな舞台にもつきものだと思っています。外部の舞台ってやっぱり内部のものとは違う味があって、ありがたいことに毎年恒例となりつつある外部舞台の作品はやっぱり感情もひとしおで。だからこそ少しでもいいから最高の作品だと胸を張れるような舞台であれと願ってしまうわけです。

 

ただもう決まってしまったものは腹をくくるしかないし、戸塚くんはどんな状況でも飲み込んで血を吐きながら駆け抜ける人だし、そんな彼を支えてくれるかっこいい人たちが沢山いるし。信じて待つことしか出来ないわけですね。敬虔なオタクだ!

 

戸塚くんの未来に幸あれ!

 

 

 

 

*1:映画版の恋するヴァンパイアでは、ヒロイン役を桐谷美玲さんが演じていました。激しく可愛かったです……